ねぶログ

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧




まずは、挑戦した自分を褒める事から始めないか…

 ももさんコメントありがとうございます。時々食べたくなるものありますよね~たとえば日清のカップヌードルの他には、ケンタッキー・ピザ・ハンバーガーなど。コマーシャルの影響もありますが、懐かしさもどこかにあるのかもしれませんね。
 さて、今日は人生で初めて美容室に行きました。先輩に紹介されて行ったわけですが、床屋(いわゆる理容室)とは違うところもあっておもしろかったです。シャンプーは他の部屋に行くし、雑誌は置いてあるし、カラーを入れる時の耳カバーもおもしろかったです。もちろん職業柄、きつい色はいれずナチュラルなものにしましたが、すこし髪の毛の雰囲気が変わった気がします。でもやはり値段は高いですね。とてもオシャレですがその分値段も床屋に比べ高いです。今日はカラーも入れて7000円。実際は10000円だそうです。カットだけなら
4000円ですが、これも約2倍の値ですね。とても面白く興味深い場所ではありましたが、自分にそういうファッションの気が無いので、床屋でいいかなぁなんて思ったりしました。
[PR]



by nebusoku1011 | 2009-06-28 18:48

掛ける一言で人生を変えてしまう事を忘れてはいけない。

 こんばんは、寝不足です。それにしても暑い。不快指数が日に日に上がっている気がします。授業ではプールも始まり、夏が来たということを実感させてくれます。
 日曜日は、大体土曜日に購入した即席麺を食べて生活しています。いやはや体に悪い生活なので、どうにかしないといけませんね。それはそうと、私は一番好きなものは、日清のカップヌードルです。とにかく準備が無い。お湯を入れるだけなので、即席とは何たるかを実感させてくれます。他の物も購入することはありますが、とにかく袋が多い!しかも召し上がる直前に入れてくださいとか、先に入れるとか、よくかき混ぜるとか、注文が多すぎる。即席麺はなんであるかを見失っています。何か新しいやつがでたから買ってみたら袋が4つも5つも出てきます。間違えて入れたままお湯を入れてしまうこともありました。袋や容器の説明を見ているときは、カップめんに踊らされているような気がして気分が悪いです。だから、何もせず、ただ蓋を開けてお湯を入れるだけの日清のカップヌードルが好きです。何も考えなくてもいいです。ただ味のみで楽しませてくれます。味も、しょうゆ・シーフード・カレーという種類があり、時々斬新なものも出てきていいです。私はもっぱらコンビニのBIGを買います。スーパーでは、これらは売っていないところに日清の戦略が伺えます。これだけカップめんについて語っておきながら、焼きそばにハマり出している寝不足からでした。
[PR]



by nebusoku1011 | 2009-06-21 18:12

無限の可能性は、無限の危険性も孕んでいる。

 モゲさんコメントどうも~。何か大きな目的と言うのは自分の中にあるのでしょうか。見つかるにしろ、見つからないにしろ、達成できるといいですね。私は大きな目的は特に無いですが、続けていきたいという気持ちはありますね。
 さて、夏も近づく中、今日はやけに暑い気がします。さっき室温を見たら29℃‥まじか。
どうりで居心地が悪いわけだ。もうすぐクーラーかもしれません。今日、日ごろ気にしていなかったベッドの下や床の端を見たら、とても埃がたまっていました。特に部屋の中ではあまり動かないし、塵もたまっている機がしてなかったのですが、やっぱりそういうものは溜まるものなんですね。掃除も定期的にしないといけません。掃除をしようと思うわけですが、コロコロ意外何も掃除道具が無いことに気づいた寝不足でした。
[PR]



by nebusoku1011 | 2009-06-14 18:54

予想して行動すると、時として大事な物を見失う。

 みなさんこんばんは。最近、このページの閲覧者をレポートで見たのですが…来訪者平均2.4人…ちなみに自分が見た時も含まれる訳ですから、自分で何回も見ていたとすると実質0人です。なんだか切ない感じもするわけですが、結局このブログは自己満足なわけですから仕方ないと思うわけです。3年前の5月くらいから毎週書き続けているわけですが、よく続いているものです。誰かが見ていてくれるから…という思いは以前に比べてだいぶ薄れた気がします。今はもはや使命感?そのようなことをする必要は無いわけですが、毎日せわしなく過ごしているので、こんな下らない(自分で言うのも難ですが…)事をすることで「自分には余裕がある。」という事を自己暗示的にしているのかもしれません。ようは、自分を保っているある種の方法なのかと思います。人によっては、友人に会って遊んだり、趣味をしていたりするのに、なんて自分は暗いんだ。そんな自己嫌悪もあるわけですが、時々、自分の記事を読むことがあります。この時は精神的にだいぶ若かったな…とか、病んでいるな…とか色々わかります。それと合わせてその時期に何があったのか、それはもちろんプライベートなことや時事的なこともですが、たくさん思い出されて面白いです。つまりこれは、完全な日記の役割をしているのです。インターネットですから、みんなが見れるのですが、もはやそんなことは関係ありません。昔の自分と今の自分を重ねることで、昔とは違う自分を見つけることができます。それはある意味、成長に喜びを感じるとともに、何かを失った気分も包括するわけで、少し寂しい気もします。そんな中、コメントがあると、予期せぬ嬉しさを感じることができます。元気そうだなとか、そっちは大変そうだねとか、そんな事があるから、ウェブログを続けているのかもしれませんね。
[PR]



by nebusoku1011 | 2009-06-07 19:56

私のちょいとした日記です^^
by nebusoku1011
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧